2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

BeOS な Haikuをインストール


仕事で色々な環境を触ることがありますが、ふとBeOSが気になったので後継派生?なOSな「Haiku」の環境を用意してみましたよ。

はっきりいうと仕事というより遊びですが。

 

そもそもBeOSってなんだよ?という人が多いので書いておくと、Apple社で開発責任者を務めたJean-Louis Gassée氏らが1990年に独立してBe社を設立し、UNIXなどの既存のコードをベースとするのではなく、すべて新しく書き起こしたOSです。

同社のワークステーションであるBeBox、またはPower Mac、PC/AT互換機で動作し、メディアOSとしてマルチメディアを扱うことに長けていた。洗練された設計で、非常に高性能なOSである。発表当時同じPowerPCで動くMac OSよりも遥かに高速に動作し、「PowerPCの真価を発揮した」とユーザーを驚かせた。

POSIXと互換性がある。
マイクロカーネルを採用。これはマルチプロセッサ対応を最初から意識した設計である。
APIがオブジェクト指向の言語C++で書かれている。
全体が高度にマルチスレッド・マルチタスク化されており、並列・並行処理のパフォーマンスに優れる。
データベースのように動作する、ジャーナルファイルシステム対応 64ビットファイルシステム BFS。
シングルユーザーのパーソナル指向OS。
OS単体での販売が終了した後でも、楽器メーカーのローランドがエディロールのブランドでビデオ編集専用機のDV-7DLで組み込みOSとして使用[1]しており、単体のシステムとしてより若干長く現役で活躍していたOSでもある。

@wikiより https://ja.wikipedia.org/wiki/BeOS

……と偉そうに書きましたが、お恥ずかしながら触ったことがないのです。
eOS自体やその類はほぼ立ち消えたようですが、有志の方々が意識を継いで、再現しようとがんばってるHaikuプロジェクトというのがあり早速触ってみましたよ。

 

 

早速 HAIKU ダウンロード

まずは早速ダウンロード、
公式サイト:https://www.haiku-os.org/ へアクセス
早速ダウンロード、64bit版を早速ダウンロード。

haiku-r1beta1-x86_64-anyboot、haiku-release-anyboot.isoをVirtualBox に用意。OSの種類はOther/Unknown(64-bit)を選択。デスクはどうなるか不明なので、128GB メモリは16GB程を与えてみます。

インストール開始

 

 

 

bootイメージから起動するとハードを読み込み数秒で起動開始。

 

 

日本語を選択。

 

 

注意書きがあり、続けます。

 

 

インストールする先のディスクが初期化が必要と出るので、まずはOKをクリック。

 

 

 

インストール先は選べないので、パーティションを設定をクリック。

 

 

 

 

VirtualBoxで付与したディスクがあるので、Be File Systemにフォーマット。

 

 

おい、本当にいいか?と聞いてくるので、続けるをクリック。

 

 

 

ボリューム名、ブロックサイズともにそのままで、初期化をクリック。

 

 

おいおい、大丈夫か?と聞かれるので、変更を書き込みをクリック。

 

無事にフォーマット完了。

 

 

続けて、ディスクを選んで、マウントをクリック。

 

 

 

 

分かりづらいが、左上の四角でこのウィンドウを閉じます。

 

 

そうするとインストール先が選べるので、選択。

 

 

あとは、再起動すれば完了です。

激早です……ここまで数分です。

 

早速起動 HAIKU

なかなかの動きです。BeBookがブラウザのようですので、クリックして普通にブラウジングしてみます。

普通にブラウジングが出来ます。多少ブラウザのCSS挙動が違いますが、いい感じです。


ちなみにUSER_AGENTにはMozilla/5.0 Mac Intel Haiku と……なかなかコアな感じで記録されます。

 

 

実際に動的コンテンツや広告が読み込まれると、JSでまだエラーが吐かれますが、エラー後もサクッと終了します。某ブラウザのようにメモリしっかり放さないという事がないので、キビキビ動く感じがします。

 

 

触ってみてどうか?

日本語の入力は他のディストリビューション同様に、フォントやIMなどビルドしないとだめなようです。それ以外は本当に新鮮で初心に戻れた気がします。最近では自作OSなども一部のユーザーで熱いようですので、これはいつか時間が取れたら手を付けたいところ。そもそもですが、WindowsやMac、Linuxなど普段当たり前に触ってますが、まったく違う考えで作られたOSを触ると刺激を受けますね。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG