2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

CentOS起動でバーが100%から起動しない場合:SELinux失敗した時

開発サーバを作っている時に意外とSELinux止めて作業しますが、失敗して記述ミスでGUIが起動せず進捗バー100%で止まって起動しない時があります。そんな時の主に非サーバエンジニア様用のTIPですよ。

ブートシーケンスを見る。

すこし前から進捗バーになっていますが、キーボードの「→」か「ESC」キーを押すとどこで止まったか分かります。早速見てみます。

Failed to load SELinux policy. Freezing とありますのでSElinuxの設定ミスになります。

GRUBメニューから編集に入る

GRUBメニュー時に何かキーを押すと、選択メニューになりますので、 “e” を押して編集に入ります。

linux16 /vmlinuz-3.10~ の後、 img ファイルの前に[ selinux = 0 ]を追記します。このイコール(=)マークはwindowsであれば、チルダーキーです。

/etc/sysconfig/selinuxを編集して完了

終わったらCtrl + x キーで押してリブートして、/etc/sysconfig/selinux を修正すれば完了です。



そもそもSELINUXTYPE間違った

そもそもですが、今回は開発環境を速攻で作ろうとして間違えました。

SELINUX=disabled と修正するところを、SELINUXTYPE=disabledと…
修正するときに「あれ?targetedなんで引数あんのか?」と。
逆にdisabledなんてポリシーないから起動しないのは当たり前。


ちなみに、既定値は targetedは当然として、targeted ポリシーセットは、攻撃対象として狙われやすいアプリケーションのみを SELinux の制御下置かれるとgoogle先生答えてくれるが、ちなみに自分で調整ができない模様。

で、調べると、selinux-policy-targeted-sourcesとか何かパッケージが入れる必要がある模様。 yum list all | grep selinux で検索してみると、いくつかでてくるが、これは後日の課題として。

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG