2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

RTXルータとL2スイッチのSWX2300でVLANを設定しちゃおう!

SWX2300

さてさて、今回はみんな大好きVLANです。

VLAN機能を利用すると少ないルータで仮想的にネットワークを切り分けて、それぞれのネットワークを制御出来るようになります。

 

※挿絵など追記予定

 

SWX2300 L2スイッチの設定をします。

 

VLANを登録しよう

 

ルータのRTXとL2スイッチのSWX2300を接続するポートが必要ですね!
そこで、ポート8をトランクポートにします。

これでRTXのVLAN情報をSWX2300に伝えるポートになったよ。

 

 

ポート1と5にVLAN101, ポート2にVLAN102, ポート3にVLAN103を設定します。

これでSWX2300の設定はおしまいだよ。

 

 

 

RTXの設定

VLANのID設定と仮想インターフェイスにIPを設定していこうね。

  • LAN1:192.168.100.0/24
  • VLAN101:192.168.101.0/24
  • VLAN102:192.168.102.0/24
  • VLAN103:192.168.103.0/24

 

 

DHCPの設定

DHCPはオフィスでは必須機能だよね、DHCPスコープはVLAN IDに合わせて設定していきます。

 

 

DNSの設定

Google, Cloudflare様が公開しているオープンリゾルバDNSを設定するのが無難です。

 

 

 

VLANのランプチェックをしよう

SWX2300

ここでSWX2300のMODEボタンでVLANモードにすると、VLAN設定を簡易的に見れます。

 

  • 1つランプがついているポートはVLANが1つ
  • 2ついてるポートはVLANが2つ以上
  • ランプなし:アクセスポート。VLANなし

 

ポート1と5にVLAN101, ポート2にVLAN102, ポート3にVLAN103、ポート8は複数VLANを設定しているトランクポートを設定していることを考えると、ランプの表示と実際の設定は間違っていないことがわかります。

 

 

アクセス制御するよ!

 

IN

それぞれのVLANインターフェイスに対して、他のVLANにパケットを送れなくすれば良い。VLANが自分を縛っていくイメージです。もちろん、自分自身をrejectするフィルターはつけないようにします。

 

OUT

自分のネットワークに来て欲しくない宛先のネットワークを指定します。
※基本はinだけで、outは設定しなくて大丈夫。

 

実は、VLANのネットワークからSSHでRTXの設定をしていたりします。上記を設定するとVLANからRTXまでSSHが出来なくなります。

そこで192.168.100.0/24のネットワークを解放してあげます。

 

これでVLANからもRTXをリモート設定することが出来ました、何が正解かっていうのはなくて、それぞれの会社のポリシーに合わせてフィルターをカスタマイズすることで柔軟に設定ができます。

 

お疲れ様です。

 

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG