Active Directory ごみ箱機能を有効化しよう Windows Server 2008R2

Active Directory ごみ箱 windows Server 2008R2 OU復元

Windows Server 2008R2から採用されたActive Directoryのごみ箱機能のご紹介です。

Active Directoryの操作で『OUやユーザ等を消しちゃった!てへっ』なんて時にシステムのリストアをしなくても、ごみ箱機能を使えばお手軽に復元が可能です。もし実際にOUを消してしまった場合、会社は阿鼻叫喚になるでしょう・・・恐ろしい!

注意したいこと

ごみ箱機能は2008R2も、2012R2もデフォルトでは機能が無効になっています。構築の段階でごみ箱機能を有効にしておくことが大切。

Windows Server 2012R2 Active Directory管理センターのごみ箱

また、2008R2に関してはコマンドのみでの対応になりますが、Windows Server 2012R2ではActive Directory管理センターにてごみ箱機能もGUI化されています。

Active Directory ごみ箱

【スタート】>> 【管理ツール】>>【Windows PowerShell 用のActive Directoryモジュール】を右クリックして【管理者として実行】を選択します。

Active Directory ごみ箱

ゴミ箱機能を有効化するコマンドを打ちます。

Active Directory ごみ箱

この操作を実行しますか?
->Y

Yを入力してEnterキーを押します。

Active Directory ごみ箱機能の動作確認をしてみよう!

1.復元対象のOUを作成する

Active Directory ごみ箱

【ドメイン名】で右クリックを行い 【新規作成】 >> 【組織単位(OU)】を選択します。

Active Directory ごみ箱 windows Server 2008R2

名前に任意のものを入力して【OK】をクリックしましょう。

recy・・・UAHHHHHHHHHHH!

Active Directory ごみ箱 windows Server 2008R2

はい、OU『recyleTest』が出来ました!(ㆁᴗㆁ✿)

2. OUを削除しよう。

OUを削除しましょう

※通常デフォルトではOUに削除の保護が効いているので、そのままでは削除できません。機能の拡張を有効にして、OUのプロパティから削除の保護をはずして下さい。

Active Directory ごみ箱 windows Server 2008R2

【はい】をクリックしましょう。

Active Directory ごみ箱 windows Server 2008R2

消えました!

3. OUを復元しよう

削除されたオブジェクトを見つけます。

Active Directory ごみ箱 windows Server 2008R2

復元しましょう

OU復元の場合

ユーザ復元の場合

5. 確認しよう

Active Directory ごみ箱 windows Server 2008R2 OU復元

復元されました!

OUの誤った削除による復旧は多い要望なので、是非ごみ箱機能を予め有効にさせてActive Directoryを運用するようにしましょうね。

お疲れ様です。

金広 優 (エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166