Plesk12.5 logwatchの設定

 

Plesk12.5が熱い!どんどんシステムが使いやすいように洗練されてきているなぁと感慨深い。

今回はPlesk12.5へのlogwatchの導入方法です。

SSHからlogwatchをyumでインストールするので、バックアップの上導入して下さい。

 

 

テストします。

メールにlogwatchのレポートが届いているか確認してみて下さいね!

 

 【logwatchの毎日実行スクリプトの削除】

logwatchをyumでインストールすると、毎日実行スクリプトを用意してくれているのですが、あくまでPleskで管理したいので削除することにします。

 

削除前に、テキストなどにバックアップしておく為に出力。

削除します。

 

次はPlesk管理画面にてlogwatchの定期実行の設定します。

 

Pleskを設定する場合はSSHでの作業を最小限に心掛けています。そうすることで、サーバやシステムに詳しくない人でもシステムの運用が容易になります。

 

定期実行にはPleskの【スケジュール済みタスク】機能を使いましょう。

 

Plesk12.5 logwatch

【スケジュール済みタスク】をクリックします。

 

 

 

Plesk12.5 logwatch

【タスクを追加】をクリックします。

 

 

 

Plesk12.5 logwatch インストール 設定 install setting

 

コマンドにlogwatchのコマンドを入力して下さい。時間はお好みで。今回は毎日夜1時30分にlogwatchのレポートをメールするように設定しました。

 

本当に実行されるか試してみましょう。

 

Plesk12.5 logwatch インストール 設定 install setting

設定を終えると【今すぐ実行】ボタンが出現するのでクリックします。そうするとポップアップが右下に出現して、経過を教えてくれます。

 

Plesk12.5 logwatch インストール 設定 install setting

『全1タスクが正常に完了しました。』

正常に実行されたようです、logwatchのレポートメールも確認出来ればこれでおしまいです。

 

優 ( エンジニア )

 

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事を書いた人:


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166