GCP

最近はとても寒くなってきたので、青いカラーのアイコンが特徴のGCPでWEBサーバを作ってみましょう!ただWEBサーバをたてても仕様がないので、WordPressもついでにインストールしてみましょう。

 

 

 

GCPの利用は、まずはSSH鍵の作成から始まる。

Teratermを使って作成します。

【設定】>> 【SSH鍵生成】を選択しましょう。

 

 

 

ビット数に【4096】を入力して、生成をクリックしましょう。

 

 

 

鍵が作成されました。

 

 

 

鍵が出来ています。

 

 

id_rsaの鍵の末尾にユーザ名を設定しましょう。

ここで設定したユーザ名でGoogle Compute Engineにユーザが自動追加されます。

 

ここからGCPですよ!

【イメージ】>> 【好きなOS】を選択して、【インスタンスを作成】をクリックして下さい。

 

 

 

ファイアウォールの許可にチェックを入れて、作成した秘密鍵を貼り付けて【作成】をクリックして下さい。

 

 

 

10秒もかからずインスタンスが出来ましたね。早すぎます…!

 

 

 

SSHにログインを行えましたか。

 

rootになりますよ!

 

 

rootになることができました。

後はやりたい放題サーバを構築して楽しみましょ~!

 

WordPressのインストール

 

必要なWEBサーバのミドルウェアとライブラリをインストールするよ

 

MySQL5.7をインストールしよう。

 

初期化しよう。

 

起動させるよ。

 

パスワードをログから確認するよ

 

DBにログインしようね

 

パスワードを設定するよ。

簡単だね。

 

WordPressに必要なDBとユーザを作成しよう。

 

用が済んだらログアウトしよう。

 

セキュリティ設定を行います。

英語が読めなくて困ってしまったら、Enterを押すといいかもしれないですね。

 

設定ファイルを編集します。

 

MySQLを再起動させて反映させよう。

 

 

WordPressをダウンロードしましょう。

 

サンプルファイルをコピーします。

 

パスワードなどを設定しましょう

 

WEBサーバを起動させよう!

 

http://グローバルIPアドレス/

 

これでいけるはずです!

ITに詳しいお客様からGCPのお問い合わせを頂いており、とても人気になっています。

お疲れ様です。

 

金広 優(エンジニア)
この記事を書いた人:金広 優(エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM BlueMix InfrastructureやAWSなどクラウド案件が多くなってきました。