ニューヨーク市、大雪の除雪には幾らのお金がかかっているのか、考えてみる。

ホーム > メディア > ニューヨーク市、大雪の除雪には幾らのお金がかかっているのか、考えてみる。


@see https://sputniknews.com/us/201801061060546591-usa-cold-winter-gas-price/

アメリカ本土を過去にないほどの寒気がおそっていた2017年末から年明け。そのあとすぐに大雪、吹雪警報がニューヨークにも出て、すぐに空港は閉鎖され、公立学校も休校の緊急措置が取られました。

 

 

雪が降る前に、塩を撒くのはなぜ


@see http://www.businessinsider.com/salt-supplies-low-in-snowy-northeast-2014-2

 

私は日本に住んでいる時は東京より北に住んだこともなく、つまり雪とはまったく縁遠い生活をしていました。

ところがニューヨーク市というところは、夏は東京並みに暑いのに、冬は北極圏からの寒気が下がってきて時々大雪を降らせるところです。初めて雪が降るという日の前に、道に「塩」が道路に撒いてあって「なんで?」と思ったことがあります。

 

 

 

塩を撒くと雪が溶けやすくなるって本当?

@see http://www.nydailynews.com/new-york/nemo-new-yorkers-bracing-worst-article-1.1258762

 

そうみたいなんですよね。
人に訊いたところ「雪が溶けるからなんだよ」と。
でも昔化学の実験で塩を入れると余計に固まるんじゃなかったけ?なんて思いましたが調べてみたら、凍結を防ぐ作用があるとのこと。

雪が降ったら塩をまく?凍結防止剤のはなし(外部サイト)

 

 

英語のサイトでも同じようなことが書いてありました。なので、天気予報とにらめっこしながらお店では雪専用の塩が店頭につまれていたります。

 

 

 

ニューヨーク市は、雪が降る度にどのくらいの塩を使っているんだろうか?


@see http://free-illustrations.gatag.net/tag/考える

 

ということで、いろいろとサイトを調べてみたのですが、出てきません……(涙)。

というのも、どちらかというと歩道に塩を撒くのは市の責任ではなく、建物の持ち主、つまり大家さんの責任になるところが多いから、ということなんだと思います。
もちろん市の建物の前などは市が責任もってやっていることなんでしょうが、それよりも道路を清掃するほうが先決ということなんでしょうね。

 

 

 

 

 

それでは1インチ(2.54センチ)の雪を除雪するのに、幾らかかっているのでしょうか?


@see http://www1.nyc.gov/assets/home/html/snow/mayor-de-blasio-issues-winter-storm-update.html#/0

 

そんなにかかっているの?
と思ったのが、私がニューヨーク市に住みだして初めての雪を向かえた後です。

 

なんと

1億ドル!(1ドル110円で計算すると、1.1億円ですね)

 

かれこれ20年近く前のお話。
ちなみに去年、2017年2月の記事では、1.8億ドルとのこと。

 

雪は楽しいけれど、雪が降る度にそれだけの金額が、つまり私たちの税金が使われているのかと思うと複雑ですね?。お給料の1/3ほど取られる税金(ニューヨーク市、ニューヨーク州合わせて)は、きっとこの作業台込みということなんでしょうか。

今年はあと何回、大雪があるのかしら。

 

 

りべるら (ライター)

この記事を書いた人:りべるら (ライター)

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166