今年もニューヨークシティー・マラソンがやってくる

ホーム > メディア > 今年もニューヨークシティー・マラソンがやってくる

ニューヨークマラソン

@see http://luxebeatmag.com/tcs-new-york-city-marathon-gorgeous-mosaic/

 

11月最初の日曜日、2017年の今年は5日がニューヨークシティー・マラソンの日になります。この日は冬時間が始まる日でもあり、そして二日後の火曜日は、毎年選挙投票日となっています。去年は大統領選挙の投票日でした。

 

 

知らない間にランナーは5万人越え

ニューヨークマラソン

@see http://luxebeatmag.com/tcs-new-york-city-marathon-gorgeous-mosaic/

 

実は私、2000年、2001年と2003年の3回、マラソンを走りました。
その当時のランナーは3万人だったのですが、2008年のリーマンショックを受けてからなのか、それとも当時の市長だったマイケル・ブルームバーグがお金儲けのために決めたのか、だんだんとランナー数が3万5千、4万と増え、去年は5万1千人が走ったようです!

確かに毎年増えているな、とは思っていました。だって公道を走っているランナーの列が切れないんですよ、遅い時間まで。いやはや、すごい人数です。

 

 

 

ニューヨークシティーを網羅するルート

ニューヨークマラソン
@see https://www.thewholeworldisaplayground.com/2013-nyc-marathon-race-report/

 

(こちらの地図は2013年のものですが、毎年同じコースです。緑がスタート地点で、フラッグみたいな模様があるところがゴール。セントラルパークになります)。

ニューヨークシティーは5区から成り立っていますが、さすが『ニューヨークシティー・マラソン』と名を売っているだけありまして、5区全てを網羅します。とはいえ、ちょっと離れた小島のスタッテン島はスタート地点。一番北に当たるブロンクスはちょろっと申し訳程度走るだけで、ほとんどはブルックリンとマンハッタンが占めています。

 

 

マラソンは楽しい? 苦しい?

ニューヨークマラソン

@see https://www.timeout.com/newyork/things-to-do/nyc-marathon?page_number=3&zone_id=1299994

 

私が初めて走った2000年はニューヨークに来て2年目で、まだ新米ニューヨーカー。
街中何もかもが新鮮でした。45.195キロ走りきれませんでしたが、周りの景色と、沿道で応援するニューヨーカー達に心打たれたものです。

仮装しながら走る人も多く、沿道を賑わせてくれています。そういえば、ウェディングドレスで旦那さんになった人と走っているカップルなんかもいましたね。

常にタイムを気にしていて、笑顔なしで走っている日本人選手の印象が強かったので、とても新鮮でした。

 

 

そして歴史は繰り返される?

ニューヨークマラソン

@see https://www.shutterstock.com/video/clip-2340764-stock-footage-hd-warm-up-before-start-of-marathon.html

 

マラソンを応援し終わった後、よし、来年は走るぞ! と意気込むのですが、外は暗くなるのが早くなり、気温も寒くなるのですぐ諦めてしまいます(笑)
でもセントラルパークでは、マラソンが終わった1週間は練習をするランナーの数がぐっと増えるのも事実(笑)。

みんな考えることは同じなんですよね。

今は昔と違ってニューヨーク在住者でも参加することが厳しくなっているようですが、近い将来、息子と一緒に走りたいなと思う、この季節です。

 

 

りべるら (ライター)

この記事を書いた人:りべるら (ライター)

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166