JALの工場見学 やはり工場見学はテンションが上がります?

 

JAL 工場見学@see http://guide.travel.co.jp/article/7900/

 

日本っていいなーと思うのは「工場見学」があること。
小学生のころ、誰もが一度は社会科の授業で工場見学に行かれた経験があると思います。アメリカ生まれ育ちの息子が通っている学校では美術館や博物館に行ったりすることはあるけれど、工場見学の体験はまったくなし。
男の子なら必ず好きだから行ってみて、とお母さん友達からの推薦のJALの工場見学に行ってきました。

 

JALの工場見学っていったい何が見られるんだろう?

JAL 工場見学

@see http://minkara.carview.co.jp/userid/833492/blog/33187515/

 

だいたいの工場見学というと、その商品の製造過程。まさか飛行機の製造過程が見られるわけはないのでいったいどんな内容なんだろうと思ってホームページを調べてみたら、格納庫に戻ってきている飛行機のメンテナンスがかなり間近で見られるということ。ということで、さっそく予約をしてみました。

 

 

予約はホームページで。でも大人気なので予約はお早めに。

JAL 工場見学

@see http://babykids.jp/jal-tokyo-haneda-airport

 

日本に帰るのは7月と決めていたので、7月の予約状況を見てみたら……ほとんどが埋まっていました!それも2月の段階の話です!いや、人気があるから早めの予約が必要だよとは聞いてはいましたが、それにしてもすごくないですか?

 

ちなみに今(7月半ば)にも予約状況を見てみたら年内はほぼいっぱい。月に1日2名さまがぎりぎり取れるかも、という状態。翌年の1月も10日ほどしか残っていません。

 

飛行機クイズで飛行機について知りましょうか。

JAL 工場見学

@see https://asoview-trip.com/article/8280/

 

ツアー時間は合計1時間と40分。羽田空港にある格納庫でのツアーです。

まず最初にJALの簡単な説明とともに、飛行機のクイズ

  • 例えば燃料はいったい何を使っているのか(石油に似たものです)
  • どこに入れているのか(これはツアーに参加してみましょう)
  • 全部でどのくらい重たいのか(象82匹分)
  • 羽田空港に1日何便飛行機が利用しているのか(1200便)

 

……などなどなど。とても勉強になります。

特にニューヨークに行くとき、緊急着陸する場所など聞いてきました(笑)。だって何かあった場合に知っていれば、心の準備は万全ですからね。ちなみにニューヨークまでの燃料は、お風呂に入っているお水で換算すると約900個分だそうです。

ハイライトは、格納庫

 

JAL 工場見学

@see http://www.kita-colle.com/content/7293/

 

 

昔、木村拓也さんが主演していたテレビドラマ『GOOD LUCK!!』で、柴咲コウさんがANAで整備士の役をしていて、一時整備士になりたい女性が増えた……というニュースを読んだことありましたが、その気持ち、よーっくわかります。

 

GOOD LUCK!!

 

ANAを舞台に、木村演じる若手の旅客機パイロット・新海元を中心に、恋愛と仕事に生きる人達を描く青春ドラマ。ヒロイン柴咲コウ。共演に堤真一黒木瞳竹中直人いかりや長介など豪華俳優陣が脇に集まった。

第1話放送後から、撮影に全面協力していたANAの株価が上昇。ドラマ放送後、JALなど航空業界への就職希望者が急増する現象が起き、柴咲が演じた航空整備士を志願する女性は今でも多くいる。この航空業界への就職ブームについては、当のTBSのニュース番組の中で当時取り上げられた。

 

@see Wikipedia

 

格納庫に入った瞬間、テンション上がりました!

飛行機、すごい! そして目の前で多少の距離はあるとはいえ、飛行機の発着陸が見えるんですよー。すごい迫力でした。

 

整備士さんとお話しました!

ツアーが終わる時間と整備士さんがお昼に行かれる時間が重なったために、ちょこっとお話をさせていただいたのですが、整備するときは常にどこでも気をつかうけれど、あえて言うならエンジンだそうです。

 

今までは「堕ちないで?」とどこかで思いながら乗っていた飛行機。今回のツアーで、本当に本当に多くの人達の手が関わっているんだということがよくわかりました。感謝としかいいようがありません。
息子も良い体験でした。皆さんも機会があればぜひ、参加してみてはいかがでしょうか。お勧めですよ。

 

JAL工場見学

https://www.jal.co.jp/kengaku/

 


りべるら ライター
りべるら ( ライター )

 

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。

 

この記事を書いた人:


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166