高アクセス対策

WordPress用高速負荷分散サーバ構築ソリューション 【NAC3】 3キャッシュ

私達は高速かつ快適に配信できるサーバ環境を安価でお客様に提供したいと考え、これまでのノウハウを元に負荷分散サーバ構築ソリューション【NAC3】をリリースしました。大量のアクセスが来ているのにサーバが捌ききれず表示が重い、ダウンしてまう等の諸症状を一手に解消します。是非お気軽にご相談下さい。

リアルタイム数千アクセスを捌くWEBサーバー設計 NAC3

Wordpress サイト高速化システム

NAC3】ソリューションにより高速性と耐久性にすぐれたWEBサーバーシステムを実現。実績として1000万PVを捌くWEBサーバーを複数台保守運用しています。例えば、通常のWEBサーバー(Apache)のデフォルト設定なら、同時アクセス100クライアントでダウンする場合もあります。しかし弊社では、システム会社ならではの強みを生かし負荷分散+高速軽量のWEBサーバーを設計構築が可能、しかも安価でご提供いたします。

 

WEBサーバにNginxを採用

Apache Nginx

アクセスが伸び、CMSの速度が気になるお客様向けに

高速WEBサーバNginx及びサーバチューニングを行ったフルマネージド環境を提供しています。お客様は煩わしいサーバ管理をすることなくWordPressなどCMSの運用に専念できます。また、ITに造詣のあるお客様はFTPとphpMyAdminを使って管理も可能です。

Nginx + WordPress

更にWordPressのように参照型のCMSなら、FastCGIキャッシュ機能を用い静的処理が得意なNginxの性能をフルに使ってコンテンツを高速配信することが出来ます。

 

1000万PVオーバーのトラフィック対応

  • トラフィックと予算に合わせた適切なサイジングで設計
  • クラウドにも対応だから急な増設も安心
  • 負荷分散 + トリプル高速キャッシュの軽量設計
  • メディアサイト案件多し
  • アダルトサイト対応可能
  • Yahoo!砲OK ※分間2000ユーザの回遊アクセス相当
  • コンサルティング/運用保守サポート
  • 自律起動システム対応可能
  • DB冗長化構成/MySQLレプリケーション
  • 実行速度2倍 PHP7対応

どれだけ捌けるの?

MySQL 冗長化 Nginx 高速化 プロキシ 大量アクセス 処理 サーバー落ちた オートスケール
いくらでも捌けます。

DB冗長化パターン

Wordpress HyperDB Mysql レプリケーション 複数スレーブ slave MHA 大量アクセス

WEBサーバクラスタパターン(キャンペーン向け)

WEBサーバ クラスタ クラウド 負荷分散 1000 req リクエスト

可能な限り高速チューニングを行い、アクセスアップに応じてWEBサーバとDBサーバーを並列的に増やして負荷分散+冗長構成を行うのでいくらでも。※初期構成は2~3台で十分です。WordPressのDBなら1つでOK

クラウドは?

国内のクラウドがおすすめです。さくらクラウドGMOクラウドは従量課金のないクラウドで安心して運用できます。現状のアクセスとお客様が想定する近い将来のアクセスを見据えて設計。他にはAWSにも対応。また、殆どのサイトの現状はVPSを2~3台チューニングすれば十分な場合が多いかもしれません、ただしアクセスを伸ばし続ける覚悟ならクラウドでの運営が後々楽で安心です。

 

アダルトサイトの対応は大丈夫?

可能です。GMOクラウド、AWSがおすすめです。

 

AWSの対応について

AWS 導入 サポート

承ります。ただしAWSは従量課金制のクラウドである為、まとめブログなど個人事業主様のアフィリエイト収入では赤字になってしまう場合が多いようですのでご注意下さい。※転送量1GB=20円程

AWS WordPress構築 Auto Scaling 設定

オートスケールにも対応で、堅牢性と可用性を重視したい企業様やキャンペーン、ECサイトなど高収益なサービス向け。オートスケーリングに対応しています。更新はMasterにアップロードするとSlaveにも同時にファイルが同期されます。Auto ScalingでAMIから自動起動されたサーバはMasterの最新バージョンを取得して起動します。

 

AWSが向いているパターン

堅牢性と可用性を重視したい企業様のITインフラやEC・転職サイトなどアクセスに対して収益率の高い高収益なWEBサービス向けのクラウドと言えます。また、海外リージョンに設置することで、海外ユーザ向けのサイトにも向いています。

マルチクラウド

AWS cloudfront wordpress

シンプル耐久性のあるWEBインフラを作りたい。

それならば、フロントにCDNとしてCloudflareやAWS CloudFrontを利用する。そこでWEBサーバは転送量無制限の国産クラウドを配置。AWS CloudFrontが前面でキャッシュサーバとして頑張ってくれるので、WEBサーバ自体はロースペックでOKです。

つまり、耐久性のあるCDNを前面に配置、後部のWEBサーバに割高なAWS EC2ではなく国産クラウド・VPSを使うことによってランニングコストの削減が出来るマルチクラウド戦略を実現。

AWS cloudfront wordpress

AWS CloudFrontにWEBページがキャッシュされている事が分かります。

※CloudFrontとWordPress連携の仕様上サブドメインがついたものになります。

例) ○ www.exmple.com × exmple.com

メディアサーバのCDNにCloudFrontを

AWS cloudfront wordpress

オーソドックスな画像サーバとしての使い方。過去のメディアファイルもAWS S3にアップロードされるので安心して導入出来ます。

  • 画像の多いまとめサイト、ギャラリーサイトに最適

 ※ほぼ国内向けのWEBサイトでしたら、AWS S3,CloudFrontを使わない、国産クラウド・VPSのみによる画像サーバ構築プランもおすすめしています。

○○ぐらいのアクセスがあるけど大丈夫?

ご相談下さい。アクセス増加に応じた将来的な提案も可能です。Yahoo!砲だってOK!

yahoo砲 apache チューニング

1番ご相談の多い月間500万PV級のチューニング Apache1台の使用例

動作や表示の遅延もなく軽快に処理しています。

また、並列処理が得意なNginxの採用で更に軽量高速な処理が可能です。

MySQLチューニングの例 InnoDB

MySQL チューニング メモリ スペック サポート innodb

DBサーバの例

チューニング後ではMySQLの最大使用可能メモリ容量が大幅アップしています。デフォルト状態での使用ではせっかくのハードウェア性能を発揮できません。チューニングにより眠っているパフォーマンスを覚醒。上位性能のサーバーに変更する前にチューニングで劇的に改善出来る場合は多い。

最小構成は?

最初は2~3台から始めて、アクセスに応じてマシンスペックを上げたり、台数を増やしていくのがおすすめです。まずはWEBとDBの物理的分離を行いましょう。

主なお客様

  • キュレーション系サイト
  • まとめサイト
  • メディア系サイト
  • アダルトサイト
  • WEBサービス

上記のサイト以外にもお気軽に御依頼下さいませ。

現在のサーバースペックをプロが診断 【キャパシティプランニング】

サーバー スペック メモリ 診断 どれだけ 必要か 設定例 スペック

  • 現状のサーバが遅いが原因がハード性能なのか、チューニング不足なのかがわからない。
  • サーバー費用が掛かりすぎている、適切にサイジングして欲しい。

今のサーバスペックがオーバースペックなのか、もしくは足りていないのか。プロが適切に診断致します。まずは現状確認。サーバーのスペック変更や台数を増やす前にボトルネックの特定を。そこから始めましょう。

ご参考:サーバーが遅い7つの理由 WEBサーバーチューニングの前に

診断例 某出会い系SNS

DBサーバ:8CPU メモリ16GB → 5CPU メモリ5GB

月額\12,000以上のコストダウンに成功。

冗長構成から自律するシステム

負荷がかからないようにすることを目的にまず設計を行いますが、万が一DBやWEBサービスが落ちたとしても、自らのプロセスを監視することによって、自動復旧システムも備えます。ダウンしている間は生きているサーバに自動的にアクセスを振り分け、自動再起動が終わればアクセスの振り分けを再開するといった仕組みを備えた、継続的かつ自律稼働する高可用性システムです。

セキュリティにも対応

セキュリティに配慮してコンサルティングも行います。不正アクセスの前兆を検知する仕組み作り、SSHの公開鍵化、ファイアウォールでのパケットフィルタリングなど基礎的な事からテクニカルまで支援致します。

自動バックアップ

システムガーディアン社内ローカルに設置済みの自動バックアップサーバにお客様のWEBサイト及びDBを定期的にバックアップするので安心して運用出来ます。また、採用クラウドがAWSであれば国を超えての拠点間バックアップも担保されており堅牢です。

PHP7対応

PHP7 yum インストール 高速 実行速度 2倍

PHP6系と比べて実行速度が2倍のPHP7も対応。

ベンチマーク結果の主な内容をまとめると次のとおり。

  • キャッシュなしではHHVMの方がPHP7よりも7%高速に動作
  • キャッシュあり(WP Super Cacheを使用)ではPHP7がHHVMよりも44%高速に、PHP5.6がHHVMよりも13%高速に動作
  • キャッシュなしとキャッシュありでは最大で5700%の性能差

@see PHP 7、WordPressベンチマークでHHVMよりも高速を達成

 

システム仕様を運用でカバー

また、ECCUBE3の仕様として機能を増やすにはプラグインを製作する等して追加しなければいけません。プラグインを増やせば増やすほど読み込みが遅くなります。

だから、必須でない機能を増やさない。あれもこれもと1ページで欲張って表示させない等、ECCUBE3のパッケージを生かしながらシステムを最適化するといいかもしれません。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166