TOP >  業務内容 >  サーバー >  監視サービス Pingeons >  監視サービス デモページ

監視サービス デモページ

サーバー監視 ネットワーク監視 死活監視 Windows Server監視

当社はサーバ監視を基礎として行うことで安定したシステム保守サービスをお客様に提供しております。お客様は煩雑なシステム運用を当社に任せて、本来の業務に専念することが出来ます。

365日24時間対応のシステムガーディアン

お客様に安定したシステムを提供したい。だから当社では創業からエンジニアによる365日24時間対応でのシステム運用・保守を行うサービスオペレーションを実施しています。

 

監視を行うことで可能になること

  • 早期復旧
    グラフから障害原因解明の糸口を掴み早期復旧に繋げます。
  • 異常検知・インシデント予防策実施
    サーバの異常をつかみ、障害に繋がる前に事前対応が行えます。
  • 適切なサービス運用計画
    長期間のサーバステータスをグラフにより可視化し、確固たるデータに支えられた適切な運用計画を立案出来ます。

システム運用・保守の基礎である『監視サービス』をサポートしております。

 

保守を支える監視サービス

システムガーディアンでクラウドの保守サービスをご契約頂くと監視サービスがついております。

また、お客様も監視サーバにログインしてチェックを行いたい場合は、個別にお客様専用の監視サーバを構築することで対応致します。

 

リソース監視 Munin2

munin

リソース監視デモページ

デモページはLAMP構成のリソース監視モデルです。

LEMPサーバ用にも対応

LEMP構成のリソース監視イメージ

 

また、Nginx+PHP-FPM用のLEMP構成のリソース監視パックもご用意できます。

 

Muninの良いところ

1画面で様々なリソースグラフを見渡せるところです。

次に紹介するZabbixと組み合わせて監視を行っています。また、クラウド独自の監視ツールや要件によって追加します。

Munin+Zabbix+アルファを基本としてサービスオペレーションを行っています。

 

死活監視 Zabbix3

Zabbix 監視サーバ

死活・リソース監視デモページ

  • ユーザ:demo
  • パスワード:demo

権限は参照用のみのゲスト権限です。

※セキュリティの観点から、お客様がログイン中に関わらず一定時間毎に自動で初期化を行っている為、画面が乱れる場合があります。

Zabbixの良いところ

監視と同時にイベント管理ツールでもあるということ。障害が発生した際に記録としてインシデント管理が出来るところです。誰がどのように対応したかなどの対応履歴、エスカレーションの証跡を残し、質の良いサポートをお客様に提供することが出来ます。

 

監視対応シミュレーション

Zabbixにてプロセス数の異常を検知しました。

 

Munin 監視

それまで230プロセスで推移しており、急に300プロセスまで上昇しています。

運用部門に問い合わせたところ、『サイト更新の為ファイル転送を行っていた』とのこと。

 

警告も消え問題なさそうです。

 

発生したインシデントに対してコメントを記述しインシデントの管理を行います。

 

Zabbix 監視

次回またサイトの更新でアラートがならないように、プロセス数の閾値を多めに取ったほうが良さそうですね。

予めリソース監視でグラフを取っておけば、迅速に対応が可能です。

htop linux

プロセス単位で見る必要があったり、機能が停止した場合はサーバにログインを行い、サービスやプロセス単位、ログ、プログラムから障害原因となるボトルネックを洗い出し、根本原因に対処します。

 

技術要素

  • Zabbix + Zabbix Agent ・・・死活・リソース監視
  • Munin+munin-node ・・・リソース監視
  • 各種クラウドネイティブ監視ツール
  • 他要件により監視ミドルウェア都度選定
  • Logwatch, fluentd・・・ログ統計

Zabbix+Munin+アルファを基本としてシステム安定運用の為の監視を行っています。

 

お問い合せ