TOP >  業務内容 >  サーバー >  セキュリティサーバホスティング

セキュリティサーバホスティング

サイバーセキュリティ

クラウドを使ったセキュリティサーバ運用代行サービスです。

 

どんなサービス?

セキュリティ サーバ

待機系でセキュリティのアップデート、脆弱性スキャニング等のメンテナンスが終わったら稼動系に切り替えて運用を行います。

 

 

サーバの安全なアップデート手順

  1. 複製
    稼働サーバを複製して複製サーバを作成
  2. アップデート
    複製サーバにアップデートを実施します、複製サーバの動作確認をお客様と実施致します。
  3. 切り替え
    ロードバランサからのアクセスを複製サーバに切り替えます。

上記手順を踏むことで、障害リスクを大幅に抑えてサーバのセキュリティを最新にしつつ安全に運用することが出来ます。

 

 

 

基本内容

  • 定期的なアップデート対応
  • WAFによるアプリケーション防御 (※Web Aplication Firewall) 
  • クラウドを使った冗長化・バックアップ体制

オプション

当社は外部のセキュリティ専門会社と業務提携を行っております。

第一線で活躍するセキュリティのプロフェッショナルによる診断及びレポートをご要望の頻度で受けることが出来ます。

柔軟なサーバ運用・高度セキュリティサービスを一括でご提供。

 

プラットフォーム診断

サーバプラットフォームに脆弱性はないか、最新のシステムスキャンによる診断を行います。

 

コードレビュー

アプリケーションの病理解剖。アプリケーションをデジタルフォレンジックにより監査します。

  • SQLインジェクション
  • XSS クロスサイトスクリプティング
  • OS コマンド実行
  • ディレクトリトラバーサル
  • クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)
  • 不適切な構成

など。

 

こんなお客様に向いています。

  • もう何年もシステムのアップデートしないけれど大丈夫か心配だ。
  • アップデートを行いたいが、動かなくなったらどうしようか不安・・・。
  • 専門家の診断を受けたい。
  • SQLインジェクションや攻撃されていることはわかるが、具体的に何も出来ていない。

お気軽に御相談下さい。

サポートサービスとしての背景

不正アクセスや標的型攻撃による情報漏洩などのセキュリティインシデントについては、サーバーやクライアントのログを関連機関に依頼を行い、都度刑事・民事と対応してまいりましたが、昨今のISP及び移動電話キャリア様のログのご提供の期間や発生した事案に関して、より専門的な技術が必要になったことから本業務提携に至りました。今後もセキュリティ業務について専門会社・専門家と提携し業務推進を行なっていく予定です。

お問い合せ